2021年4月19日

新調ロッド&リールで挑む名港9号地のチヌ

ツイッターで予告していたとおり、平日夕方釣行を強引にねじ込んだ次第。仕事・・・なるようになるやろw

小潮の干潮周りスタート、餌もコマセもいつものやつ

今回は竿がダイワの銀狼1-53、リールはSHIMANOラリッサ3000に新調され、記念すべき一枚を釣るべく相変わらず茶色い水の9号地にやってきた。

激荒サナギと激安コマセで短時間勝負

食わせは激荒に入っているサナギとコーンのコンビ。コマセは米ぬか2kg,チヌパワー1kg、そしてサナギミンチだ。水深も浅いしこれで十分狙えるはずである。

風があるのでウキ、オモリともに3B、ストッパーは上も下も潮受けタイプにしてしっかり沈めにかかることにした。
釣座は風と潮に乗せてウキを流し込んで底が取れるあたりでちょうど糸も風の影響を受けにくい角度になり、パイル手前で餌がじっくり転がるようにパイルに対して潮上側10メートルほどのところに入る。正面にキャストし、そっと送り込む。

干潮からの満ちはじめである。一瞬潮が早くなる時間帯があり、また風も時折強く吹いたため釣りにくい時間も長かったが、いい感じにウキがパイル手前をかすめるように流れていき、またラインスラックも少ない状態になったところでウキがはっきりと、それでいてゆっくりと引き込まれていった。

ここで100%自信満々の合わせということで竿をおもむろに、且つ力強く曲げる。よし、チヌだ!

動画で学んだ竿さばきでやりとり

初めて曲げる新品の竿は気持ちいいと思うと同時に普段とは違う緊張感をもたせてくる。フォローしているチヌ釣り名人の動画で学んだ竿さばき…チヌの走らせたくない方向にテンションを掛けることでチヌがそれを嫌って結果的に障害物から離れていく、という技を試す絶好の機会だった。そして慣れないレバーブレーキの扱いもw

チヌは首尾よく開けた場所に飛び出した。ウキ止め目印が横走りする。あとはしっかり竿を曲げ、スキあらば寄せにかかるだけだ。そこで今回購入した銀狼1-53、めっちゃ軽いし、手元から素敵なカーブを描くではないか。1号にしてよかった。自分が曲げている竿のカーブにうっとりしていると、チヌ特有の「叩き」が穂先をリズミカルに引っ張る。しかしドラグもスムーズに動き、竿も相変わらずよく曲がっていて、全くバラすような不安がない。古い竿ではわからない感覚だ。買ってよかった。。。

それにしてもノされる気配がないのに全然魚が浮いてこない。スタミナも尽きない。スピードも落ちているのでタイミングを見て浮かせにかかる。無事取り込み完了。まあまあいいサイズだけどそんなに大きくないかな?

と思ったらタモ枠50センチに迫る勢いの良型だった。しかもいい感じにスれてない感じの、チャコールブルーグレーが美しい魚体だ。銀狼めっちゃいい仕事するやん!一番安いのでも釣り味もよく安定感があったのに、高い方のモデルはどんな感じなんだろう。。。とにかく無理やり時間作って釣行したかいがあったというものだ。ちょっと食べてみようかな?と思ったが、粘液から生臭さを感じたし、さばいても食べきるのに苦労しそうだったのでリリースした。

その後、あたりらしいあたりも出ず、日没となったので納竿とした。どうもこのポイントはサナギ餌で日没後粘っても結果が出ないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.