日陰に集う男たちの黄昏 ひだ池で秋の底釣り

2020.10.13追記 本記事の関連動画が公開されました。

金曜日、そろそろ兄弟子から連絡が来る頃だと思っていたら、やっぱり来た。土曜日は一日休息して、日曜日のきょう、朝からひだ池に向かった。例会もチラホラ入っていてまずまずの入り。人災で釣れなくなると言うほどでもないギリギリのライン?この日は兄弟子と兄弟子の釣友こと伊那の鮎師さんが五本松で手招きしていた。あれ?旧桟橋でやるって言ってなかったっけ?と思ったが、例会の並びの真後ろになってしまうので場所を変えたとのこと。

ふたりとも底釣りで両グルテンの釣りの支度をしていた。あいさつして、釣座を組み上げる。

「ここは12尺で底が取れる感じです」と兄弟子。12尺は腰が抜けててあまり振りたくないので、素直に10尺でマイペースなメーターセット釣りでもしようかということで準備に入る。

開始直後は苦しい

まずは粒戦を入れないもののボソタイプのバラケで釣り始める。9月のセット釣りよりハリスは長く取り、バラケはボソダンゴタッチ。抜くほどでもないけどできるだけ早いアタリが期待できる感じのセッティングだ。9月は普段やっている新旧浮き桟橋では3分もしないうちに一枚目が釣れることが多かったが、ここは五本松。野釣りをやっているかのようにアタリ出しが遅い。打っても打っても、ウキが動かない。しかし慌てずに早いピッチの打ち返しを止めない。まあ、「寄るの遅すぎないか」とぼやきつつではあるがw

15分ほどでようやくウキが動き出す。あと3投くらいで釣れるだろうと思える動きが出てきた。バラケをほんの気持ちしっかりつけて、タナに届けてやるとチクッと小さく入るアタリを捉える。ようやく一枚。それから尻上がりに釣れるペースが上がっていく。6枚ほど釣った頃、鮎のおっさんが釣っている仕掛けを横目で見ると、底釣りの割にはウキが下の方についていることに気づいた。

「あれっ、底切ってるんですか?」

「いや、これで底ですよ。8尺でもとれるはず」

「あれれ?さっき12尺でちょうどって?あれ?」

抗議の視線を送ったら始まった見苦しい兄弟子の弁解を聞き流しながら10尺での底釣りに移行。今日は気分転換にのびのびやろう。

地獄のカケアガリと地獄の障害物

ちょうど10尺の足元が古い桟橋の残骸が沈んでいるらしく、更にそれに沿ってカケアガリになっているようだ。底取りでめちゃくちゃ苦戦する。まあ振り切ればいいか、と安易に考えてしまった。

で、立て続けに釣れたのがドブガイ3個。ドブガイなめ子に改名するしかない。辛い。

ちなみにエサは共エサで両だんごである。ちょくちょくモツゴやタナゴが釣れてくる。なかなかヘラらしいアタリが引き出せない。そうこうしているうちに兄弟子は本領発揮で釣果を伸ばしていく。気がついたら5枚ほど差をつけられていた。ここで昼食。今日は唐揚げ弁当をとった。

午後も苦しい状況は続く。俺だけ。

じわりじわりと二人に追いつかれ、追い越されていく。底の地形が厳しくて釣りにくすぎる。35%くらいの確率で根がかりしながらの釣りだ。8尺にすればよかったといえばそれまでだが、私にはまだ手がある。しばらくは根性で釣ってやる。そういう意気込みで14時頃をねばり、どうにか20枚。兄弟子は30枚になるかどうかというところ。そんなタイミングに、走らない割にやたら重い魚がかかった。ヘラブナだとは思うが走らない。かといって簡単に水面を割らない。ぬーっと水をなでるように緩慢と浮き上がってきた魚体。鱗のギラツキが只者ではない雰囲気を醸し出す。

「これでけえぞ!」と兄弟子。

一瞬そうかな?と思ったが、やっぱりでかい。あっさりとタモに収まったが、やはりでかいw

ひだ池で自身初の40オーバー計測

現在、ひだ池では大物賞は中断中。魚体保護のためである。そういうこともあり、計測は手早く済ませたい。といっても普段はヘラブナの全長を気にしていないのでハリススケールしか測れるものがない。兄弟子に協力してもらって手早く計測。ちょうど41センチ。

それにしても口がでかい。そして私は太い。

最近ひだ池では「魚が小さくなった」「大きいのが釣れない」という声が聞こえてくる。私は大型ヘラを売りにしていた頃のひだ池を知らないが、40オーバーのヘラブナが決していないわけでなく、釣りにくいだけだと思っていたが、実際に釣れてよかった。ひだ池ではこれを求めて固定桟橋で長尺底釣りを好んでやる人達も実は結構いる。野釣りのスタイルだ。競技志向や浅ダナの釣りだけでなく、野釣り感覚のじっくりとした釣りも楽しめるのがひだ池の良さ。

そして、こうやって釣れると1枚でもめちゃくちゃ充実感を得られる。野釣りをやったような後味だった。もちろん予定通り旧桟橋に入っても楽しめたはずだが、いつもと違う楽しみ方ができてとても満足できた。ここで釣れる魚は魚体が美しいものが多く、三人とも釣ってはその魚体を「小さいのに重い!」「肩がパリッとしているぞ!」「ヒレがきれい!」などと褒め称えるというボディビル大会の応援団みたいなことをやっていた一日だった。

しかし、釣果はまだ足りないwこいつが20枚めである。いつもと違う釣りとはいえちょっとこれは寂しい。このままで帰れるか!!

怒涛の逆転

パリッとした肩と白銀が美しいヘラブナ

そして例会が釣りを終えて解散する時間になり、ヘラブナがどんどん集まってくる。アディショナルタイムを入れてもあと2時間だろう。ここが切り替えのラストチャンス。伝家の宝刀?高速メーターセットの出番!10尺はそのまま、ウキは竹足のPCムクを選ぶ。特に決定的な理由はないがしいて言えば馴染み際がわかりやすいか?

仕掛け変更から2投目でヒット。からの連発、連発!エサ付けの調整の範囲で十分コントロールできるしヒット率も高い。理想的だ。

尻尾の付け根が太いタイプ。重量がある。

一時間であっという間に15枚ほど釣り上げ、アディショナルタイムでややスピードダウンしたが最終的に42枚でエサ切れ&日没で納竿とした。

おかげさまでまた新しい釣友が増えたが、冬場になると長野県からひだ池に集まってくるメンバーや例会もあると言う。これからの出会いがますます楽しみになった。次に行くのはトーナメント予選最終戦かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.