ベイトリールのクラッチファイトの是非

浜名湖釣り公園のダンゴ釣りでは筏竿にルアー用のベイトリールを流用している。これまで尺前後のグレやチヌをいくらか釣り上げてきたが、竿が短く、ファーストコンタクトの強烈な締め込みは1.5号ハリスでガチガチドラグでは耐えられない。かといってドラグがゆるいままでは足元のケーソンに潜られても止められない。そういうわけで無意識的にやっていたのがバス釣りの世界で「クラッチファイト」と呼ばれる、クラッチを切って親指でスプールを押さえて自分でドラグをかけるやりかた。

ベイトリールの寿命を縮めるらしい「クラッチファイト」

ところがこれがどうもあまり良くないという意見のブログ記事を散見するのである。いろいろ読んだ結果、「スプールのシャフトを固定するクロスピンとピニオンギアの接点がバカになるリスクが有る」ということらしい。なるほど。確かにそのとおりだ。

ための利かない短い竿でこいつを黙らせるにはリールも含めたファイトが必要

それでも俺はクラッチを切るぞ

安価なベイトリールだからかもしれないが、ドラグだけでグレの初動ダッシュを食い止めることは難しい。昔バス釣りもやっていたが、経験上同じサイズなら圧倒的にグレやチヌのほうが遊泳力もパワーも有る。特にグレが一番のスプリンターだ。サイズ感を持って同じ感覚で語るのは難しい。
もともと、私はそれなりにドラグは余裕を持って緩めに設定しているので、25センチ位のグレが走ったらジリジリと糸が出ていくくらいにしている。それでもクラッチを切る時は切る。理由は次に述べる。

1.ヒット直後のロッドコントロールで優位に立つため

まず圧倒的にこれ。アワセが決まり、魚の重さが伝わると同時に奴らは一気に根に向かって走り出す。フカセ釣りだったら竿が長いので多少時間稼ぎができるが、イカダ竿では一気にラインテンションが振り切り気味になり竿もバットから曲がる。しかも、食わせるまでは竿を下に向けて自分もうつむき加減なので、往々にして少しのされ気味になる。その状態で無理をしたら切られてしまう。魚の重さが乗った直後のダッシュが一番怖い。ドラグだけでは緩すぎても無駄に走らせることになるし、一瞬のインパクトに間に合わない。そこでしっかり針がかりしたと判断した後の突っ込みではクラッチを切ってスプールは指で押さえたり魚の引きに応じて緩めたりしながら竿の角度を立て直すために使う。

ドラグでは「出す」「止める」を自分でコントロールできないのだ。良くも悪くもラインテンション次第。指でしっかりスプールを圧迫して止めているから、そこからクラッチつないで巻き始めてもリールにダメージはそんなにないのではないかと思うのだが。。。。少々リールに負担があっても、竿をしっかり曲げて優位に立つために一瞬クラッチを切ってラインテンションを抜いてしまう必要があると思っている。

2.足元への突っ込みをいなすために使う

浜名湖釣り公園のグレの場合、足元まで寄せてくると次の脅威が迫ってくる。足元のパイルと岩の複合的なオーバーハングに潜り込もうとするからだ。短い竿ではこれがつらい。コントロールが難しくなる。だから、やり取り自体も自らの上体を海側に伸ばし、腕を伸ばして少しでも足元に潜られないようにコントロールしようとする。ちょうどへらぶな釣りのファイトと似ている。できるだけ前で浮かせたいのだ。それでもそれなりに重たい魚になるといっとき弱まったと思ったからと足元に寄せてきても最後の抵抗を試みる。

オーバーハングに潜られたらラインブレイクだ。そこで、寄せにかかるときにその泳ぎをロッドコントロールで左右にいなしてやることで泳ぐコースを足元からずらすのだが、そのときに思い切って少しクラッチを切ってやると勢い余って?オープンスペースに走ってしまい、本当は根に潜りたかったはずのグレの動きがあれ?っという感じで一瞬止まったりする。スピードが死んだら一気に巻き上げにかかれる。ここで一気に仕上げにかかるというわけだ。

チャコールグレーメタリックの鎧が強そうだね、君

3.ランディング直前のリカバリ対応

タモ入れのタイミングの前後も危険がいっぱいだ。頭を出してやっても突然反転しようとすることがある。まだ十分弱ってないのにタモを出してしまったときにありがちだ。このときはリカバリになるが、クラッチを切らないと間に合わない。やばいと思ったら諦めてクラッチを切り、指ブレーキでもう一度やり取りをやり直す。

あと、これは通常業務だがタモに魚が入り切るタイミングでクラッチを切ってしまう。穂先の保護のためにも。(これはクラッチファイトとは関係ないけど。)

いかがでしたか?(リライト素人丸投げクソブログのものまね)

右上は見なかったことにしてください

そうは言っても、こればかりは釣り人それぞれに色々考えがあることだろうから、自分が一番あっている方法を試せば良いと思う。要するに、自分の場合はドラグが間に合わない、あるいは竿が引き込まれてしまったと思ったときは躊躇せずにクラッチを切る、ということだ。

そして状況によってドラグが働いてほしいとき、あるいはその反対に働きすぎて困るときにいちいちスタードラグをいじる暇もない。広い場所ならドラグに任せて意図を出してもいいが、キワでは糸を一切出したくないときもある、そんなときはクラッチを切らずにスプールを押さえる。それでもやばいなら一瞬の立て直しのためにクラッチをそのまま切ってしまう。のされて切られては元も子もないからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.