2日連続のひだ池打ち合わせのついでの釣り

さて。

まさか、昨日の帰りしなに「明日も来てくれ」と言われるとは思っていなかった。正直仕事とか色々で疲れているが、社長にそこまで求められているなら行くしかない。そういうわけで今日もやや遅い出発だがひだ池に向かう。

ひだ池を後ろで支えるメンバーとの顔合わせ

釣り堀というのは、傍から見ていると楽そうに見えるかもしれないが、実はとても忙しい。やることがたくさんある。社長を見ていると特にそう思う。すげえわ。

で、今日はひだ池の状況把握や顔合わせなどの意味合いで朝から打ち合わせである。だいたい一時間位で会合は終わったが、その後は関係者のおすすめもあり三本杭のぼっち桟橋で浅ダナ両ダンゴをやることにした。本当は旧桟橋あたりに入ってチョーチンでもやりたかったが混雑している上につれてなさそうだったので楽な方に逃げたというやつw

実釣スタートは10:30。昨日と状況は同じなのでセッティングも同様

今日は竿を短くし、陽舟8尺。

竿:陽舟8尺
ウキ:PCムクトップカーボン足浅ダナ用
ハリス:15-20cm 最終的にさらに3センチずつ短くなる
ハリ:角マルチ5号

エサ:”GDG”ガッテン100+グルテンダンゴ100+凄麩100+水180(要調整)
魚が濃くなれば凄麩をやめてガッテンとグルテンダンゴを同比率で追加

昨日ほどではないが、依然としてヘラブナは多数浮上し水面直下でぼーっとしている。これをカッツケの時合と判断したら落とし穴だと思うのである。明らかに活性が低いので、スイッチが入るまでは相手にしてはいけない。

開始が遅かったからなのか、よくわからないが一枚目は意外と早かった。多分この子マルナガ池出身者がひだ池の環境に適応して体色が黄色っぽくなったやつだ。おひさ!

最初は案外快調に釣れていき、時速12枚ペースとなる。釣れないという悲鳴と怨嗟の声が響く中でこれは自分的にはまずまずいい滑り出し。このまま続けて連発するぞと意気込み20枚釣ったところで社長の案内放送が流れる。

「・・・あと、ドブサナギさんはお手すきのとき事務所にお越しください」(実際のアナウンスは本名だけどな)

20枚と切りもいいし、指名されたので即事務所へ行き、用事を済ませ、昼食もとる。ひだ池は屋外に屋根付きの休憩スペースがあるのが嬉しいね。

午後の部、地味に食い渋り

午前中のようなテンポでは釣れなくなるが、グルテンダンゴを多めに入れたものと少ないものとをスイッチしていくと、ややグルテンダンゴは多めの方が良い結果になった。2時半からカラツンが増えるも、大きな方針変更はせずに馴染み際のアタリに絞って短いハリスで一瞬のチャンスだけを取る釣りをしていく。

例会組が三々五々解散したものの、ペースは変わらず。4時時点でちょうど40枚となった。少し前は3桁が多数出るような釣り場だったが最近は苦戦しているようだ。どうでもいいけどなんか今日の釣りはキリがいいのはなぜだろうか。

その後夕焼けを撮影。社長の粋な計らいによるアディショナルタイムで31枚を追加。トータル71枚となったが、この状況なら数が伸びて当たり前。。。と言いつつも上がりベラと決めてからは12連続カラツンと苦労した。

それにしてもひだ池は楽しい

一度飛び込んでしまえば超楽しい釣り場だ。なんと言ってもロケーションがいい。森、鳥のさえずり、吹き抜ける爽やかな風。お値段は他の管理釣り場よりやや高いが、魚影の濃さとロケーションとホスピタリティはさすが。日本屈指の人気釣り場と謳われるだけのことはある!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.