ルアーは餌と違って簡単に釣れないから面白いんですよとかいうやつ

知恵袋とかブログとかてきとーにめぐってるとこういうこと書いている人を見かけるのだが、自分で釣りのことあんまり勉強してませんといってるようなものだと思うのは私だけだろうか。

私もルアーの楽しさ一応知ってる人だけど

私も一時期猛烈にルアーフィッシングに傾倒した時期がある。渓流魚やメバル、根魚類をターゲットにルアーの用意だけして夜討ち朝駆けでやっていたころもあった。実際楽しかった。しばらくフライフィッシングにまで手を出したこともある。結局この頃は餌釣りに回帰しているが確かに釣果を出しやすいことが多い、というのも理由の一つだ。それは正直に書いておく。それは頻度の問題でもある。たとえば仕事帰りに毎日のように釣り場に行ける立場だったら、ルアーを投げていると思う。

で、このごろはチヌ釣りに興味の中心が偏っているのだが、いわゆるチニングというルアー釣法には全く興味がない。もちろん知識として食性とかノウハウには興味があるが、自分がトライする気は今のところない。自分に言わせれば、落とし込みとか前打ちは生餌を使っているとはいえ本質的はルアーと変わらないと思う。

このブログに何度となく登場したチヌ。彼女は2月にボートからのクローワーム+ジグヘッドによってカサゴの外道として仕留められた。ほかに、ミノーでもシーバスの外道で48センチを一枚釣ったことがある。

餌で釣ることはルアーで釣るよりも簡単なのか?

結論から言うと、魚の口の前まで来たら、餌のほうが食いつきはいいと思うけど、それ以前の状況は魚種とシチュエーションによる、と思う。

たとえば一つ極端な例でカマスなんか、生きた魚にしか興味を示さないが、食欲旺盛で光の反射への反応がすこぶるよい。圧倒的に生きた魚を用意するよりルアーのほうが早いしたくさん釣れるだろう。同じ理由で鰆とかブリもそうだろう。釣ったことないけどたぶんそうだろう。

以前私は毎年のように渓流でルアーを投げていたが、経験上、本流の深場にいる大イワナを釣り上げるのはどう考えてもルアーのほうが簡単だ。また、餌釣りよりも離れた場所からアプローチできるメリットが大きく生きるジャンルである。そして、釣れる魚のサイズがよい。下のイワナの肉付きの良さを見てほしい。益田川の本流、餌釣りではまずアプローチしないような大場所でガンガン流れるポイントの深場から引きずり出した一本だ。

梅雨明けくらいまでならこのくらいのイワナは割と狙える。ルアーはシュガーディープ50。

確かに餌釣りよりも釣れる総数は少ないかもしれないが、釣り荒れているような川でも竿抜けポイントを見つけられたり、餌釣りでは危なくてアプローチできないような幅の広い急流に潜む魚を高確率で引きずり出すことができる。

ではシーバスなどはどうだろうか。私はいままで30本ほど?それほどたくさんのシーバスをルアーで釣った経験はないが、あれも居場所とマッチ・ザ・ベイトさえクリアしていれば釣れる。これも餌釣りではアプローチしずらい沖のポイントとか複雑に入り組んだ桁の奥を狙ったりすると効率がいい。また、シーバスも圧倒的にルアーのほうがいいサイズが釣れやすいだろう。餌だったらいつまでたってもチビセイゴに出し抜かれっぱなし、というのはよくある話だ。それでも時合いが来ればそれなりにいいサイズがセイゴを蹴散らしてくるのだが、やっぱりチャンスはそれだけ減ってしまう。

この手の魚は特にファーストコンタクトをどれだけたくさん作るかだから、ルアーのほうが釣れるんじゃねえかとすら思う。それに、このサイズのエビ餌を使って一晩遊ぼうとすると金がめちゃくちゃかかる。ルアーのほうが効率がいい。

で、根魚である。カサゴなどはやり方さえ間違っていなければ餌もルアーも関係ない。根魚はおそらく動くものに強烈に反応し、瞬発力で一気に食う習性がある。ルアー、餌を追いかけながら食いつかずにじっくり考えるほどの状況ならそれはもう釣れない魚だと思う。その点は渓流魚と同じで、いかにも魚のいそうなポイントを直撃し、目の前にいかにボリューミーで生きのいい獲物が現れたかをアピールするという接点をたくさん作る勝負になる。投げ釣りやぶっこみ釣りではどちらかというとそれを静的に行うことになる。しかし場所によっては放置では海毛虫を一晩中踏みつぶす作業に追われることになる。おそらく餌なら待ちの釣りで云々というのはこの釣りのイメージが強いからではないか。しかし探り釣りのほうが餌釣りにしても釣果を稼ぎやすいだろう。

それだけルアーや技術が進歩したというこっちゃね

大昔はまだルアーによる釣り方がまだ広まっておらず、ルアーもまた今に比べて誘引力に乏しかったのかもしれない。実際メバリングが流行ってからメバルの魚影が薄くなった、という話を聞いたことはないだろうか。それだけよく釣れるようになったのではないだろうか。私もそういう経験をしてきたが、餌釣りで5センチくらいのメバルしか釣れていない人たちの横で20センチオーバーが連発、ということは普通にあるはず。あらゆる釣法が進化しまくり、PEラインで遠投と高感度が実現した現代において、どっちが簡単、難しいというものではないと思うのは私だけだろうか。

そういえばブログのカテゴリにメバルを作ったけどもう3年くらい本メバル釣ってないなあ。得意なのはフロートリグに極小ジグヘッドの表層釣り。

実際餌釣りに戻ってみると、本命が来るチャンスにエサ取りとかちびをどうやって回避するかという問題をクリアしなければならない。正直、餌で釣れるの当たり前って言ってる人ってそれなりに骨太なターゲットを本気で従来の釣法で狙ったことがないんじゃないかと思う。まさかすべての餌釣りが五目チョイ投げ位の難易度だと思っていないだろうな????

仕事が落ち着いたらルアーとエサの二本立てで遠征に出かけようと思っている。夜はルアーでメバル狙い、昼はウキフカセでチヌ、グレ。敦賀と氷見、両方いけたらいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.