2021年4月19日

干潮スタートの9号地で釣りができるか?チヌフカセにトライ

金曜日はフリーランスの特権の早上がり。好きなことはとことんやろうの精神で例によって環状線を南下し、先週ハリス切れしまくった9号地に出かけた。

梅雨空だけど降らない微妙な加減の天気のもと出陣

まず、エサの補充のためにフィッシング遊南店に出かける。そこで知り合いから仕事の電話。ひっさしぶりだがどうやら彼もこの頃シーバスルアーに加えてチヌ釣りにも興味があるらしく、ウキフカセとダンゴ釣りに取り組んでいる話をしたら今度ぜひ行こうという話になった。問題は、彼の仕事は夏場は全く休みがなくなるほど忙しいことだ。それにしても一緒に行くのは楽しみだ。

さて名古屋港に到着。今日も今日とて、創業60年位の味噌おでん屋の何が沈んでいるかわからない、グツグツと鈍い音でゆるやかに沸騰を続けるタレがこぼれて鍾乳洞みたいになっている真っ黒いおでん鍋のような水色の海である。彼らはこのような強烈な黒濁りにもめげずたくましく生きている。中潮で干潮は14時40分頃。実釣開始は15時半頃。ともにその日最大の満ち引き加減だ。

それにしてもこの水。プラスチックごみの問題とかもこうやって目の当たりにするとリアリティがある。

干潮だけど釣れるだろうか?

この水の濁り具合なら、水深3m弱もあれば食うと思った。いつものようにダイワベガスティック5Bに今回は1.7号ハリス。ハリは軽量チヌ4号。

コマセは米ぬか2キロ、チヌパワー1/3袋、湾チヌスペシャル1/3袋。先日より少し粘り気をもたせようとしたがそんなに変わらなかった。むしろ激荒を練り込んだほうがよく粘りが出た。というわけで、さし餌も激荒のコーンとサナギだ。ここでは水がよく濁っているので色の明るいコーンがアイキャッチになるだろうと思ってコーン1個、潰れたサナギ2個でつける。タナは底から20センチ切るくらいにしてスタート。

ポイントは先日と潮の向きが逆なのでパイルの南側に入る。オープンスペースに投入して、潮に乗せてちょうどハリスが馴染んだ頃にパイルの付近を通過するようにポジショニングする。いい感じで流れるから期待できそうだ。

いきなりサナギ これは楽しい

そう思った2投目でウキがしもる。食ったかな?聞き合わせ。

乗った!が、なんか弱い。ミニキビレかなんかだろうと思って適当にあしらおうとしたら急にパワーアップしてパイルの奥に向かって突進!あえなくのされてハリス切れ。めちゃくちゃ活性高い。これは釣れる。

それから10回ほど流したらウキがしばらく上下動した後スルスルと引きずり込まれる。これは間違いなく食った!100%自信満々合わせ。一気に張り詰める道糸、絞り込まれる穂先。今度はのされないようにしっかり竿を立てて締め上げるぞ!

ブチッ

高切れである。2400円のウキを失う。破断面を見るとささくれができていた。どこかで底をこすってしまったか。。。回収不能なので諦めて仕掛けを変更。

円錐ウキの釣りにチェンジ

ここで円錐ウキ0号に変更。B2のガン玉をうち、ほぼハリの重さでじわーっと沈めていく。馴染むとウキが少し沈むかどうかくらいだ。ちょうどいい。すると数投でウキがパイルの奥に向かって引っ張り込まれる。これも間違いない。立ちウキより引っ張り抵抗が少ないからか、素直なアタリになった。今度も自信満々合わせ。なんとしてもパイル際から剥がしていかないといけない。

少しは落ち着いて竿さばきを考えられるように成長したか?

チヌはうまい具合に横に走る。ふはは、騙されたな!そこはオープンスペースだ!チヌの死出の旅が始まる。チヌが開けた場所に出たタイミングで横に振った竿を今度はしっかり立てて浮かせにかかる。

やがて茶色い海から銀鱗が。。。いや、黒いw赤黒いw
ドブチヌ「やあ」

俺は太ってるけどチヌは痩せてる

産卵後のやせきった個体、背中は赤黒く全体的に赤褐色なチヌだ。引き味はライン切れほどのプレッシャーは感じなかったものの、やはりこれくらいのサイズになるとパワーが有って面白い。

どうみても美味しくないタイプ

タモ枠が50センチなので、まあ40以上はあるだろう。このシーズンの水質の悪さもあり名古屋港のチヌ食えるの問題にぴったりな感じはしなくもないが、さすがにこれは食べる前からわかる。

  • 痩せている
  • 老成魚
  • 産卵後
  • おそらくドブイガイ食って生きている
  • そしてこの水域

条件は揃っている。よく太っていたら考えるが、この時期はどう見ても分が悪い。リリース。

その後次のヒットを狙っていくが、潮が早くなってきたのでウキを3Bに交換。しっかり沈めていく釣りにする。それでも日没と同時にアタリもなく、終了。日没後はチヌも外で活発にエサをあさりだすのだろう。カニ、カメジャコ、イガイ、小魚、エビ類などを優先して食うのではないかと思うほどウキに変化が出ない。これは粘る価値がなさそうなので終了。

先週のキビレに続いて好調だ。また行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.