2021年4月17日

【へらぶな釣り】ひだ池で納竿儀式

去年は海釣りで三重県のとある漁港でウキフカセをやってコッパグレやカサゴなどを仕入れて友人宅に持っていった。

今年は、ひだ池の冬将軍とお近づきになり、両グルテンの底釣りの手ほどきを受けたりしているうちにめちゃくちゃ美味しいお肉を紹介してもらい、これを友人に進呈することにしたので先日代わりに買ってきていただいたのだった。

去年は自分ひとりで完結する釣りだったけど、今年は色んな人に関わることによって物事が動く釣りをした一年。例のアレによる新生活様式うんぬんのなかで、釣りが注目され、また中京のへらぶな釣りにかかわりを持つ人達がそれぞれの立場から大きく動いた年でもあった。そもそも休眠状態で数年寝かせたへらぶな釣りを再開し、ご覧の通りブログは今ではほとんどヘラブナの記事。釣友が一気に増えたこと、仕事でへらぶな釣りに貢献できたこと、色んな体験をさせてもらえてありがたいと思っています。

海釣りもやりたいけど休みが、足りない、、、という感じなので、来年度はスケジュールをちょっと組み替えてもらって仕事と釣りをきちんと整理できてなおかつ成長するための仕事に時間を使えるようにする。

年末ミニ大会 主催冬将軍

すっかり真冬になったひだ池新桟橋で両グルテンの先生こと冬将軍氏、satoshi氏、兄弟子、そして自分と4人で並ぶことになっており予定通り入場。さてどんな釣りをしようかなと右の方を見るとメーターセットで竿を絞っているテントの人。そのテントからニョキッと伸びた袖口を見ると、なんだか見覚えのある色。まさか、いや、ありえるな、と思って背後に回り込み、「釣れますか?」。予想通り、テントからニョキッと顔を出したのは牌派さんだったw

「ミニ大会やるんですけど良かったら一緒にやりませんか?」「そういうことならぜひ」

特に申し合わせたわけではないけどちょくちょく現場でばったり会うのはなぜだろう??wということで小移動してもらい、5人での対戦に。

ルールは3時間一本勝負、単純に枚数での勝負。釣り方は自由で外道、スレはマイナス1カウント。左から兄弟子(16尺両グルテン底釣り)、自分(10尺浅ダナセット⇢チョーチンセット)、冬将軍氏(16尺?両グルテン底釣り)、satoshi氏(12尺?チョーチンセット)、牌派氏(8尺チョーチンセット)。

*hiroさんからコーヒーの差し入れを頂戴しました。ありがとうございました。

最初は風も弱く、打ちはじめは魚も高めにいたので今年一番集中して学んだ浅ダナセットでトライ。早速スレでマイナス1も、どうにか2枚釣ってプラス1。そこで風が猛烈に吹き付けるようになり、慣れないチョーチンセットに移行せざるを得ないことに。しかしやっぱり苦手というか、そもそもわかっていない釣りをやったら当然こうなるよね、という悶絶からツン祭り。

周りも釣ったりすれたりでカオスなスコア状況になる中、牌派さんは確実に数を伸ばし独走状態に。それに食らいついていく形のsatoshiさん。もう追いつけない、背中が遠すぎるw兄弟子は兄弟子で両グルテンで釣っているがマブナだったりスレだったりで竿を絞っている割には伸びていない。勝ちたい・・・!と思ったが、終盤で彼は的確にヒットを重ねていく。くそ!!

ラスト4分を切ったところでようやく竿を曲げる。が、スレw手元に来る前にバレればノーカウントになるということで、はずれろ~!と念じるが、アッパーでガッチリ刺さったハリは一向に抜ける気配がない。ゼロまで戻した釣果もマイナス1に逆戻り。そしてラスト2分でようやくヒット!と思ったが、これもスレ。絶望して天を仰ぐ。

「おい、”もってる”な~!」と一同爆笑。

ラスト五分、むしろ何もしなかったら最下位は免れていたというのに、連続でスレをかいてしまった結果この日絶不調だったプラマイゼロの冬将軍先生に負けてしまう。エンターテイナーぶりを発揮し今年の釣りは終了w

景品は1000円相当の持ち寄り

*ひだ池より協賛いただきました。ありがとうございます。

景品はそれぞれが考えたブツを持ち寄る。エサ、ウキケース、曇り止めつきメガネ拭きなど。自分は兄弟子氏からの達人のグルテンエサセットをゲット。さらにじゃんけんで勝利し、再開だったけどひだ池協賛品「コウテン」一袋をゲット。コウテン結局使わなかったけど来シーズンは使ってみます。達人のグルテンエサも早速使ってみよう。

兄弟子、有名人になる

12月はひたすら忙しかったという兄弟子、最近ようやく釣りに行けるようになり出かけた釣り場で「ドブちゃんに出てる人でしょ?見てるよ~」と声をかけられたそうな。ありがたいねえ。サインの練習しておこうな。

ちゃんこ軍団、2020を締めくくる

命名俺。牌派さんは今回ゲストということで、冬将軍氏、satoshi氏、兄弟子氏、そして私の4人は全員BMIが高い。たぶん、加福の古い桟橋に4人並んだら転覆する。この脂っこい4人でひだ池にて納竿できたのはいい締めくくりになった(冬将軍氏、兄弟子は大晦日も出陣だけど)。本当に楽しい仲間に恵まれて幸せです。

それとマネージャー氏にもいろんなことを教わり、クリエイトのみなさん、ひだ池の社長とスタッフの皆さん、温泉前の三代目社長、某釣具店のお兄さん、そしてここには書ききれないたくさんの皆さん、さらにピンクのおっさん、いろんな出会いがあり、また大変お世話になりました。動画やブログを見てくださっている方々、特にまだお会いしていない、今まさにこれを読んでくださっているあなたにも感謝しております。ありがとうございます。

ちなみに先日ピンクのおっさんとハンバーグ食って、その帰りの別れ際に「ドブくん、初めて一緒に飯食ったねえ!」と女子みたいな事を言っていて超萌えました。か~わ~い~い~♡

「そうっすね!いつでもいいですよ、ごちそうさまです」
「ごちそうはしねえけどよ!」

だって、か~わ~い~い~♡

また仕事でも色々取り組んでおります。へらぶな釣りの明日をもっと明るくするための活動もあります。未熟な点多々ありますが来年もご指導のほどお願いいたします。

あと、先日公開した動画、これは会心の出来なんで長いですが是非最後までみてみてください。

1 thought on “【へらぶな釣り】ひだ池で納竿儀式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.