月光柔は入門から一歩先でぜひとも推したいヘラ竿

ごくごく狭い仲間内で多分最初に月光柔を購入したのは私だが、このところ野釣り出身の仲間(4人w)の間ではダイワの月光シリーズ、とりわけ柔が注目されている。まずはこの動画を見てほしい。月光柔10尺で42センチのヘラブナをヒットさせたところだ。(動画では10分過ぎから)

見てもらうとお分かりの通り、竿はめちゃくちゃ曲がる。グリップのすぐ近くまでの広い範囲でパワーを受けている。これを「弱い竿」とみる人が少なからず存在するのが残念だ。40センチを超えたへらぶなでも普通に取り込めるが、竿としては実際に柔らかい。しかしこの柔らかさというのは強い弱いのベクトルで語るには不適切である。事実、50センチを超えるコイもこの竿で0.5号ハリスにて比較的余裕をもって取り込んだ(曲がり切ってしまうので時間はかかるが)。

チヌ竿ってこんな感じだよね

チヌ用の磯竿、0号~1号などは胴調子、本調子の軟調であることが多い。チヌも障害物に沿って走る習性があるが、グレのように障害物の中に向かって突進するわけでもなく、頭をたたきつけるようにスイングさせるいわゆる「たたき」をみせたり、かと思ったら突然走ったりする。硬い竿だとこのショックを逃がしきれず、魚が暴れやすくハリス切れにもつながる。しかし、竿をしっかり曲げたまま耐えていればチヌのほうが疲れてやがて竿の復元力が浮かせにかかってくれる。リールを巻き始めるのはチヌの動きが止まって浮き上がり始めてからでよく、その弱った隙に一気に距離を詰めるのである。

ヘラ竿の場合はリールがないが、軟調竿の扱い方はこれとほとんど同じと考えて差し支えない。竿をしっかり曲げて最大限に反発力を生かしてやればよい。

軟調竿って実際どんな感じ?

振り込みの際の操作が硬調に比べてゆったりしたものになる。仕掛けが宙を舞う時間が長いことになり、横風が強いと苦しい。逆に風が邪魔しなければ、着水点の微修正に時間を使える。あわせた時は硬調に比べて魚の重みが手元に伝わるのが遅い。とはいえ、あわせ自体は特に難しく考える必要はなくいつも通りで大丈夫。硬調先調子の竿に比べてヒット直後にしっかり竿を立ててやりたいが、竿が柔らかい分だけ、のされかけても実は糸に無理させず瞬時にリカバリーしやすいという利点もある。

そのぶん、仕掛けも細糸が使えるというメリットがある。実際ハリス切れの回数はすこぶる少ない。

あと、軟調竿の見逃せない点として魚が暴れにくいという点がある。そもそも突っ走ろうとしなかったりする。それで、ヘラブナはゆっくりと頭を振り低速で移動しながら違和感と格闘しているうちに浮いてきてしまう。これがガツンとした手ごたえを与えてしまうとヘラブナは驚いて走る。硬調竿の場合はこれを穂持ちから3番あたりの反発力で受け止めようとすることが多いが、この竿は全体で荷重を分散しながら受け止めるイメージになる。

こういう竿の特性として、クッション性が高いぶん「遊び」が大きくなるため、魚が左右に走った時のカバーに時間と面積をとられがちである。これによって竿が長くなってくると両隣へのプレッシャーになりやすいデメリットが生じる。両隣との間隔が狭い状況では12尺などは苦労するかもしれない。また、野釣り場などで障害物が絡むポイントでは軟調竿は避けたほうが無難だろう。

柔10尺のウドンセットで42センチ!

この価格帯の軟調竿であるという存在自体がありがたい

月光柔を絶賛する理由の一つが、手が届きやすい価格帯で珍しい軟調のセッティングであることだ。この価格帯の竿は多くが硬調先調子である。そしていきなり私のような未熟者&貧民が「玄むく」や「伊吹」を揃えるのはかなりしんどい。そこでこのような調子の竿が1.5万円~2万円前後で手に入るのはとてもありがたい。先にも書いたようにこの価格帯以下の竿は硬調先調子が多いのだ。ここで全く違うフィーリングを体感すれば、ヘラブナ釣りがますます楽しくなると思うのだ。

ふくよかな釣り味はのんびりした1日に良く似合う

これまで実釣で使ったことがある月光柔は7尺と10尺だ。7尺は仲間のsatoさんがひだ池決勝の短竿チョーチン釣りを見据えて購入したものを振らせてもらった。チョーチンセットということで、乗った瞬間の手ごたえ、重量級のヘラブナとのやり取りが気になるところだったが、実際にやってみると驚くほどソフトに魚を暴れさせず浮き上がらせられた。これだけ柔を推す私でも短尺チョーチンは苦手なのではないかと思っていたのだが、実際にやってみるとヘラブナをいじめずにいなしながら竿が勝手に引き上げてしまう手ごたえが官能的だったし、余裕で竿全体で受け止められた。

10尺ではこれまで浅ダナ両ダンゴおよびセット、底釣り、チョーチンといろいろ試しているが、案外浅ダナ、カッツケ釣りと相性が良い。魚と穂先が一直線になりやすい浅いタナの釣りでは、そのしなやかさがファーストコンタクトでののされかけを引き留めてくれるし、空振り、スレをはじいたときの仕掛け絡みを軽減してくれた。ただ、10尺チョーチンに関しては、自分の好みでいえばノーマル月光のほうが楽しいかもしれない。底釣りの場合はそれこそまさに「the・へらぶな釣り」という感じでじわじわくる心地よさがある。

このような特性の竿は1日振っても疲れにくく、忙しさに疲れた週末のリフレッシュにもってこいだと感じている。40アップもしっかり釣りこなせるが、なんといっても7寸8寸のへらぶなの釣り味をより味わえるのが楽しい。とても良い買い物だった。私のようにヘラブナ釣りを始めてのめりこみ始めた方にはぜひおすすめしたい。

こうした綺麗なへらぶなを存分に楽しむには最適な一本。競技志向短竿志向が進んだ現代にこういう竿の存在がありがたい。

5 thoughts on “月光柔は入門から一歩先でぜひとも推したいヘラ竿

  • 2020年12月5日 11:21 PM
    Permalink

    普通のタックルで40センチを上げられるのは本当に凄いですね~(ノ◕ヮ◕)ノ*.✧
    またそもそもそんな「巨べら」を放流しているひだ池さんも凄いですが😅

    管理釣り場のように足下からドン深&障害物が無いようなエリアであれば軟式竿を使わない手は無いと思いますけど(愉しみという事以外に細糸が使える等の合理性も考えて)、竹竿とかメーカーのハイクラスの竿にしか軟式のラインナップが無いのが残念ですね😅
    また、安くて軟式と言えばグラスロッドがありますがあれは重いですし…。

    そういう中でダイワさんはよく考えたと思いますね(ノ◕ヮ◕)ノ*.✧

    話は全く変わりますが主様はリール釣りもされていらっしゃるのでおそらくご存知かもしれませんが、ダイワリールのマグシールドについて、散々叩たたかれてますが(笑)メンテナンスをしない庶民派アングラーにはとても嬉しい機構だと思います。安いのに初期性能が長持ちするってこんな良い事ないでしょ?!と。フリームスコスパ最強(爆)

    返信
    • 2020年12月7日 2:05 AM
      Permalink

      こんにちは!

      ぶっちゃけた話、よくよく考えると今の所ひだ池で釣れる40アップはあんまり強烈に走ったりしないんで、野池とか、中京地区だとつつじ池、このあたりでも追試しないと結論でないなあ、と思ってますw

      実際細糸が使えるというメリットを話す人は少なくとも周囲にはいないし、トーナメンターほど硬調先調子を好みますね。ちゃんとした理由があるんでしょうね。でも細糸を使えるメリットはもうちょっとプライオリティ上げてもいいような気がします。段底とかチョーチンなら打ち込み点もそれほどずれないはずなので。

      おっしゃるとおり月光シリーズを3種展開したダイワのマーケティングは秀逸だと思います。ほんと、この価格帯の軟調ってポケットだったんですよね。ヘラ竿の選択肢を広げて、愛用者にさらなる購入を促すという二段、三段構えになっているところがニクイですな!

      マグシールドですか、マグシールド自体は歓迎すべきテクノロジーだと思いますが、当たり外れは多少あるかもしれませんね。しかし釣具店で相談したところ、この点についてはシマノのほうが評判が良いというのでラリッサを購入しました。ラリッサは波止のチヌ釣りをメインに1年以上ほぼノーメンテで使っていますが好調そのものです。ダイワのマグシールドのデメリットを論ずる前に使ったことがないのでなんともw

      返信
      • 2020年12月7日 3:40 AM
        Permalink

        この土日はやはり釣りに行かれたのですか?私は明日釣りに行くというのにこんな時間にコメントしています😅
        仕事は介護の仕事をしておりまして、平日休みを取れるのは釣りを趣味にする者としてかなりお得なのですが、夜勤早出遅出がある仕事の為、常人より若干体内時計が狂っております(笑)

        確かに大きくても、メタボな個体だと瞬発力がなくて呆気ないほどスルスル上がって来てしまったりすることがありますが、そういう感じですかね?

        私は軟式竿のポヨンポヨンとした感じが感覚的にあまり好きでは無いので今は刀春みたいな硬式先調子を使っていますが、昔ながらの竹竿チックな感じ(むしろそれが本道?)が好きな消費者は結構いると思います。むしろトーナメンター志向の人の方が少数派のはずなのに何故硬式先調子ばかりラインナップしているの?と思ってしまいます😅昨今のへらの大型化が~というのが説明書きに書いてありますが、柔よく剛を制すという考えもあって良いかと思います😅ドラグの無いノベ竿では特にこの点は重要ではないかと愚考します。。。

        淡水よりも過酷な海での使用で一年以上ほぼノーメンテで問題ナシ、というのであればシマノのラリッサはかなり良いリールですね。さすがは技術のシマノ……!

        ところで私のフリームスも一年以上使用&ノーメンテで今全く問題は無い訳なのですが、同じ条件で他社のリールと比較検証した訳でも無いので、正直マグシールドのお陰で長持ちしているとは声高に主張出来る訳もないのですが😅

        返信
        • 2020年12月7日 12:39 PM
          Permalink

          おはようございました。

          この土日は久しぶり?にずっと引きこもってました。
          軟調の竿はビビらずに竿をしっかり曲げる技術があってはじめてその能力を発揮できるというのがあるので、誰にでも勧められる、誰にでも使いやすい、というものではないのかなと思います。しかし、柔らかい=趣味竿のイメージが強すぎるのはもったいないですね。

          リールも含め一つ言えるのは、耐久性や信頼性を語るとき「トラブルが発生したことをネットでシェアする人」が可視化されやすく、特に問題が発生していない人が可視化されにくいというのがあります。実際どのようなトラブルや欠陥があるかは興味深い資料ですが、人によっても釣り方によっても個体差によっても状況は千差万別なわけで、いい悪いを論じるのは慎重になって損はないと思いますね。

          返信
  • 2020年12月8日 1:31 AM
    Permalink

    あんまり休みの日だからといってしょっちゅう出かけていたら疲れが溜まりますものね😅

    昨今の細糸志向のせいか、竿をしっかり曲げることを躊躇う釣り師が増えていますよね~。竿をしっかり曲げないと魚は一向に弱らないし、何より引きを楽しめないと思うのですけどね。

    そうですね~。トラブルが「起きた」事についての情報の方が「起こらない」情報よりもどうしても目立ってしまいますからね😅
    本当にその製品がダメなら仕方ないですが、本人の使い方に難がある場合でもブログ等で○○社の○○折れた~とかやられてしまうとメーカーとしてはいい迷惑ですよね😅

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.